calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>









categories

archives



型わくおよび支保工

0
    ………………………………………………………………………………
    〔コンクリート工関連より〕

    *次の設問の正しいものには○、誤っているものには×を記入して下さい。
    ………………………………………………………………………………

    (1)せき板の内部には、コンクリートの付着を防止し、型わくの取りはずしを容易にするためはく離剤を塗る

    (2)コンクリート表面より2.5cmの間にあるボルト、棒鋼等は、穴をあけて取り去り、穴はモルタルで埋めておかなければならない

    (3)支保工は、コンクリートの自重による沈下や変形を考慮し、適当な上げ越しをする

    (4)柱、壁等の鉛直部材の型わくと、スラブ、梁等の水平部の型わくでは、水平部の型わくを先に取り外すのが原則である

    (5)型わくおよび支保工は、コンクリートがその自重および施工中に加わる荷重を受けるのに必要な強度に達するまで、これを取り外してはならない





    ………………………………………………………………………………
    ●●●●●●●●●●●● 解答 ●●●●●●●●●●●●
    ………………………………………………………………………………
    (1)○ 

    (2)○ 

    (3)○ 

    (4)×/型わくの取り外しは、水平部と鉛直部では、壁や柱などの鉛直部の型わくを先に取り外す 

    (5)○

    << | 2/21PAGES | >>